大野見の家 主要用途:住宅
所在:高知県中土佐町大野見
敷地面積:207.47㎡ 
延面積:120.96㎡
建築面積:122.04㎡ 
構造・規模:木造平屋
竣工:H26年5月 
施工:森野建築
   

四万十川支流の川に、抱かれるような敷地にこの家は建てられた。

窓からは楓の群生が広がり、川のせせらぎが心地よい。

道路から進んでくると川に架かる沈下橋がまづ出迎えてくれる。

高知市内で内装業を営んでおられたお施主さんは、ご夫婦と子供さん達とここ大野見で
農家をしながら、将来観光農園としてゲストを招き入れる家を希望された。

お施主さん自身が内装業の職人さんであったため、家具や建具、その他部分を自らも施工している。

開放的な土間は、家族は勿論多数の人々が暖炉を囲んで語らう姿が目に浮かぶ。

Copyright © Junichi Mizuno Architect & Associate All Rights Reserved.